発達障害凸凹たんの駆け出し起業日記

凸凹で、毎日いろいろストレスやチャレンジ出てくるけど、 夢実現に向けて動き出してからは、(ほぼ)毎日前向きに活動しているよ。

ADHDの多動力と、行動力ある人との違い

www.dailyshincho.jp

名前聞いたことあるなと思ったら、昔数学を教えてもらってた先輩やないか。

その後えらいご活躍のようで。

宇多田ヒカル一筋だったはずだけど、スピードが好きやったんか。

(凸凹はXが好きで、Xとhideの音楽めっちゃいいよと力説したらドン引きされて、ヒッキー聞きなよとおすすめされてた。)

確かにキラキラとシュッとした感じでかっこいい先輩でした。

年下の女の子からもとても人気があった。

 

自分で「絶対無理やろ。」と感じていたことも、真面目にこの先輩は「できるよ。」と言ってくれて、自分もまずはチャレンジしてみていいんやなと努力するきっかけを作ってくれたことを覚えています。

(そういうところもモテる理由なんやろうな。)

 

思い出して思ったことは、この先輩は行動力がある。それは、凸凹の多動力とは違う。

例えば、この先輩は持ち前の上昇気質と頭脳と行動力を発揮し、大学は、工学部から歯学部へと華麗にすっと方向転換して転入し、

塾を自分で作ったり、学生で結婚しちゃったり、歯医者さんになったのに政治家という職種に若くして転換できています。

一方、凸凹は、例えば大学は「ここは自分のいるべき場所じゃない」と、学校の入学試験の時から感じたのに、訳がわからぬままとりあえず大学に行くのだとそのまま入学し、持ち前の多動力を発揮して他の道を変更することを探ることもできませんでした。とにかく、多動力はおかしな感じに発揮され、無駄に色々な授業を、自分の学部を超えて朝から晩までMAXで時間割埋めて、結局大学に興味がないしバイト入れすぎたりして遅刻したり一日中授業寝てしまうのに、学校に行ってました。

そして、バイトや会社は、環境がなかなか真っ黒だったこともあるけれど、他の人から驚かれるぐらい転職を経験しています。

 

自分は、人に久しぶりに会うと近況報告ができないぐらい、しょっちゅう色んなチャレンジや行動変更をしているが、それが本質的でないことが多い。そして地雷を踏みまくり二次障害発症とか、苦労のわりに結果がもうムチャクチャ。

なぜなら、ピン!おもろそー!と思ったりしたら、1秒もしないうちに瞬間的に飛びついてしまうから。

 

行動力ある人は、したたかに、自分の人生や考え方・希望の本質に基づいて、様々な意味あるチャレンジができているから、それがステップアップになったり、(好きだったアイドルと付き合えたり)、将来の糧となる経験になったりするんだよな。

 

学生時代だいたい同じ偏差値でも、こんなにその後の人生が変わって行く。

どっちがしあわせかは、本人次第だけれど、

今の社会システムの中で経済的に、社会人として、そして人間関係とかで苦労が少なくむしろうまく行くのは、発達の多動力で動いている人より、行動力ある人だよなー。