発達障害凸凹たんの駆け出し起業日記

凸凹で、毎日いろいろストレスやチャレンジ出てくるけど、 夢実現に向けて動き出してからは、(ほぼ)毎日前向きに活動しているよ。

睡魔に勝てない。。

最近暑くて湿気や気圧の変化が大きいからか、睡眠障害がひどくなってる。

しっかり寝てても睡魔が頻繁に襲ってきて、眠い!眠い!眠すぎる!!

 

昨日は13時に先方に出向くアポがあった。

朝起きて早めに外出しておこうと支度したのだけれど、

やつが襲ってきた。

寝ぼけながら時計をセットしたけれど、起きれない。。

そして13時を過ぎてしまった。

電話がかかってきて、「13時と3時を勘違いしてた」と必死のパッチで謝って、15時に変更してくれた。

 

寝たのに、頭がスッキリせず、支度もバタバタに。

またお風呂入り直したり、出かけても携帯とかパスカードとか案の定忘れて出直したりしてたら、10分ほど遅刻して到着してしまった。

 

アポはつつがなく済んだ感じでホッとした。

のは、つかの間。

帰路につこうとしたら、また急激に眠気が襲ってきた。

 

家の近くまで来て、どうしても道に倒れて寝てしまいたいくらいになって耐えられず、タクシーも通らないし、UBER呼ぶ力もないし、そばにあった図書館に入った。

 

そのまま空いている勉強机ブースにいき、リュックを枕にした途端、意識が飛んだ。

 

閉館前のアナウンスが流れて目覚めた。

3時間ぐらい机で寝ていた。

 

すっかり夜が更けて慌てて帰ろうとしたけれど、歩いていたらまた睡魔が襲って来た。

帰ったらベッドに倒れ込んでそのまま寝てしまい、今日は6時前に目覚めた。

 

やっぱり会社勤めは無理だなと思った。

 

学生の頃から、よく寝てしまって、先生にげんこつされても起きれなかった。

(凸凹が、叱られてもあまりによく寝てしまうので、頭や背中にあるらしい目覚めるツボを押してくれたり、なんとかしようとしてくれる先生もいたけど、高校・大学は、何しに学校に行ったのだというくらい、授業中はよく寝てしまった。)

 

会社勤めの時は、外回りの時は酸素カプセルやマッサージに助けを求めるように入ることがあった。(給料が。。)

外資系の会社は、机がパーテーションでしっかり区切られていたり、席を外して仕事をしていてもよかった環境で、救われていた。(同僚にうたた寝しているの見つかったこともあったけど)

 

 アーユルヴェーダ的に、昼寝をしたり、睡眠時間が8時間を越える習慣があると、40代過ぎぐらいから治りにくい深刻な病気になりやすいらしく、

医師の先生心配してくれているけれど、

・外出する(効果なし)

・脱糖質をする(昨日食べたのは、枝豆、豆乳トマトフォー。糖質結構入ってたのかなー)

・よっぽど興味があることをする(アポがんばった)

・昼寝をしないよう、負荷が大きい運動を行う(日光に当たると眠くなるからやるとしたらプール)

ぐらいしか解決策がないみたい。

 

今日も、40際で死ぬ可能性が高いと思って、興味のあることだけやって、

睡魔に襲われるすきがないよう過ごそう。

 

あー、ADHDって怠けて見える見たいだけれど、毎日めっちゃハードモード。