発達障害凸凹たんの駆け出し起業日記

凸凹で、毎日いろいろストレスやチャレンジ出てくるけど、 夢実現に向けて動き出してからは、(ほぼ)毎日前向きに活動しているよ。

Pythonの再勉強をしてみることにした

自分ができるようになりたいことをぼんやり考えてて、

データを自由自在に操れるようになりたいと思ってたことを思い出した。

 

発達人の特徴らしいが、見た目は同年代マイナス5〜10歳ぐらいに幼く見えるみたいだし、さらにハイパーな言動のせいもあって、

昔から(物心ついたころから)バカにされやすくて、意見をまともに聞いてくれない人が多いことにフラストレーションを抱えていた。

会社勤めしてた時、よくトイレでぽろっと泣いてしまうこともあったなー

 

データを使って客観的な根拠を示して補えば、

自分の意見を真面目に聞いてくれる人も出てくるんじゃないかと思って、

去年の8月ごろ、データサイエンティストという言葉を知り、興味を持った。

 

Python,R,SQLのビギナーレベルをさらっと去年勉強したはずなのだけれど、

なんのデータも操れず、発見ができないスキルレベル

 

ということで、急にまたやる気がハイパーになって、いつまで続くかわからないけど、今日からまずはPythonの復習始めました。

 

再勉強のGOAL:株のアルゴリズムを作ったり、システムトレードちっくなことを試せるレベルになる

 

-復習した結果、今日できるようになったこと-

1.コンソールorテキストエディタPython Interpreterを使うこと

2.データの平均値や四則演算

3.出力

4.変数(文字列、数)の理解

5.データタイプの見分け方

6.リストの作成

7.コメントの挿入

8.リストの中の要素へのアクセス

9.リストの中の要素の個数を求める

10.リストのスライス←ケアレスミスしそうで、怪しい。。

 

本日の復習時間1時間弱

 

明日はループを勉強してみよう