発達障害凸凹たんの駆け出し起業日記

凸凹で、毎日いろいろストレスやチャレンジ出てくるけど、 夢実現に向けて動き出してからは、(ほぼ)毎日前向きに活動しているよ。

誤解ばかりされるけど、凸凹人は非常に真面目で面白い人種なのです

今日、凸凹は起きた瞬間、「自分は、今日もなんで生きて目覚めたんだ?」っていうのが頭に浮かぶ平常運行の寝起きの悪さだった。

 

そして、ちょっとお話したいことがあって、投資家オフ会で以前知り合った、マダムに電話をしてみた。

凸凹が最近、株とかオプションで大損したり、取引の事務的な取引で起こった事件などをお話していて、気づいたら3時間以上もお話していた。

 

電話を切ろうとすると、

凸凹が真面目でいつも投資にも一生懸命勉強していることがわかるから、

自分の子供のようにとても心配になっちゃってしょうがない、

と心配してくださって、

これ以上損して苦しまないで欲しいからと、色々、ご自身がバブル経済の時からリーマンショックの時のこととかご自身の失敗談も含めて、さらに1時間半ぐらいお話してくださった。

そして最後に、気圧がここ最近変化が激しくてマダムは体調が悪かったけれど、

久しぶりにとても面白くて元気な気分になった、ありがとう、と言ってくださった。

もう一度凸凹とお話したいとずっと思ってたのだと、言ってくださった。

 

今日も生きてる意味あったのかな、と思えてなんかとてもうれしかった。

 

基本的に、凸凹は怠けてるとか、わがままとか、社会人としてどうかしてるとか、あほで面倒臭い、とか誤解ばかりされるんだけれど、

時々、真面目と褒めてくれたり、面白がってくれる方もいる。

裸の王様の服みたいに、凸凹人の良さは、心の綺麗な人しか見えないのかもね!

 

 

もう新興市場の取引は手を引いた方がよいよ、とマダムにアドバイスいただいたにもかかわらず、ハイリスクにうずうずしてしまうハイパーな凸凹は、証券会社の画面を開いて明日はどんな取引をしようか、と考えてしまうのでした。。